三晃株式会社
 
トップへ戻る ごあいさつ 会社概要 取扱媒体 サイトマップ お問い合せ
 
  当社は、1950(昭和25)年に国鉄(現JR)の駅構内に広告を取り扱う代理店としてスタートしました。
その後、1952(昭和27)年に羽田空港が米国から返還され、わが国の空の玄関口として再出発することになりました。
当時は空港利用者も少ない時代ではありましたが、いち早く航空機による大輸送の時代がやってくるとの確信から
羽田空港館内の広告指定代理店として認定をうけました。
また、都心から羽田空港への重要なアクセスとして、1954(昭和29)年に設立された東京空港交通(リムジンバス)。
1972(昭和47)年に成田空港の開港にあわせ都心側の空の玄関口として供給された東京シティ・エアターミナル(T-CAT)。
各広告指定代理店として認可をうけ、空港関連の広告メディアを中心に事業活動を行ってまいりました。
さらに、1996(平成8)年に飛躍的な発展をとげている中国へ進出しました。
新規のメディアの開発・掲出・管理まで一貫したサービス体制を整えております。
当社は全てのお取引企業様との信頼関係を信条としており、どのような時代でも独自の視点から世の中を見つめ、
少しでも社会を明るく・楽しく・美しくできるような価値あるサービスの創造に努め、常にチャレンジしていく所存です。
 
     
  Copyright©SANKO Co.,Ltd All Rights Reserved